大丈夫!上手くいく

2020年はコロナウイルスで始まり、
コロナウイルスで終わりそうな勢いです。

 

 

少し時間が経ちましたが、
岡江久美子さんの訃報は驚きました。

えっ!と思わず息を飲み込みました。

 

 

改めてコロナウイルスが、
驚異だと感じたのではないでしょうか?

 

引用文

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡江さんは昨年末、初期の乳がんで手術し、
今年1月末から2月半ばまで放射線治療を行った。
所属事務所では、「免疫力が低下していた」としている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このような報道がありました。

私が改めて感じたことは、
現代人の免疫力が衰えていることが恐怖です。

 

 

皆さんもご存知だと思いますが、
ガンの治療は大きく2つあります。

 

 

腫瘍の摘出手術、もしくは化学療法です。
岡江さんは「放射線治療」でした。

 

 

 

私は8年前、白血病の治療は抗がん剤大量投与でした。
65歳以上は、死に至る治療法です。

 

 

 

私が罹った急性骨髄性白血病は、
染色体8;21を有する陽性反応でした。

 

簡単に言うと悪性の急性骨髄性白血病です。
本当は骨髄移植でしたが、医師の判断を覆したんです。
私の姿や言動で変えたのです。

もし骨髄移植だったら、生きてないと思います。
この話は長くなるので、またの機会にします。

 

 

放射線治療や抗がん剤治療も、
新陳代謝の活発な細胞を叩き潰していきます。

 

 

ガン細胞・髪の毛・血液(赤血球・白血球・血小板)

 

 

免疫力が衰えるとは、
血液が壊れていくと思ってください。

 

大まかな血液の役割です。

①赤血球は栄養と酸素を運ぶ。

➁白血球は病原菌を退治する。

③血小板はかさぶたをつくる。

誰でも知っていることです。

 

感情も血液に溶け込んで全身に運ばれます。
血液が薄くなると免疫力が衰えます。

 


人混みにいくと簡単に発熱します。

 

 

私も経験があります。

 

 

第一回目の抗がん剤治療を終えて、
約1ヶ月の経過観察があります。

 

 

数値が安定したので外泊許可が出ました。
ちなみに外泊許可が出たのは私だけでした!(^^)!

 

 

手伝いに来てもらった義母を東京駅まで車で送りました。
その後、病院に戻ったら、すぐに43度の高熱が出ました。
自力で歩けないほどでした“(-“”-)”

 

 

ひどく主治医に怒られました。

 

 

今、考えると死ににいくようなものでした。

 

 

死亡原因の1位は ガン、2位 心疾患、3  脳疾患、4位 が肺炎です。

 

 

 

通常、肺は呼吸をするための器官です。
最初に環境を受け入れる臓器です。

 

 

五臓六腑とは、

五臓(肝・心・脾・肺・腎)は、エネルギーを作り出し貯えます。

六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)は、エネルギーを消化・吸収し循環させます。

 

臓が親、腑が子供です。肺は大腸・皮膚が子供になります。

 

五臓は命に直結する器官です。

 

大腸や皮膚が、肺の身代わりになってお掃除しています。

 

 

春に辛い花粉症も、
花粉を利用して肺をクリーニングしています。

 

 

アトピーも腸で処理できない異物を皮膚で排泄しています。

 

 

万病一元 血の汚れと言います。

 

血液を汚す原因とは?

 

大きく5つあります。

①冷え

➁乾燥

③硬直

④食べ過ぎ・飲み過ぎ

⑤来てもいない未来を心配する
(
考えすぎ)

 

このことが相まって、薄い血液がつくられていきます。
瘀血が進んでいくと浅い呼吸になります。

 

 

おおむねカラダは、このような変化をもたらします。

 

冷え  排泄異常  硬直  乾燥  アレルギー  炎症体質

 

炎症体質  腫瘍 (良性・悪性)

炎症体質  血管性疾患 (心臓・脳)

 

殆どの場合、死因がガン・心疾患・脳疾患でも、最後は肺炎で亡くなります。

 

 

息を引き取ると言います。
肺が役目を終えたサインなのです。

 

 

今までの体力・気力・知力・能力・精力を引き取ったのです。
私たちは普段から急かされた生活をしています。

 

 

無意識に浅い呼吸が習慣化しています。

腹式呼吸が良いとか、胸式呼吸が悪いとか!、ではありません。

 

 

落ち着いた呼吸ができているか?

 

 

これが大切なのです。

 

お釈迦様は「足心を足に収めよ」と説かれました。

 

足を向ける・足を引っ張る・足を使う・足に任せる・・・

 

 

足は方向性を表すものです。
現代人は重心が上半身にあります。

 

頭でばかり物事を考えるあまり、
常識・世間体・しきたりなどに拘り、頭でっかちになっています。

 

重心を足脚に下す。

 

このことが精神の安定になります。腹が座ると言います。
濃い血液をつくり、ゆっくりとした呼吸になります。

 

濃い血液になる食べ物とは「お米と発酵食品」です。

 

何を食べて良いか?分からない場合、
神棚に祀られる「お米・お水・お塩」を参考にすると良いです!(^^)!

 

お米・お漬物・お味噌汁

 

日本人は陰性体質です。
この3点セットは、カラダを温めて排泄力を高めます。
免疫食と言って良いでしょう。

 

飽食の時代です。

 

たまには食欲のないとき、体調が優れないとき、
おススメなのが「お米・お漬物・お味噌汁」です。

 

 

日本人の体質は、「お」がつくものが合っています。
おパン・おパスタ・おラーメンとは言わないですね(*^^*)

 

 

良質のストレッチを実践しても、
飽食を続けていると筋肉は硬直していきます。

 

 

原因不明の痛みは殆どが内臓の疲弊です。

 

 

内臓の疲労は「火食と過食」の積み重ねによるものです。
これがカラダを冷やすのです。

 

 

あまり細かいことに拘らず、16時間朝食断食の習慣化、
日本の伝統食を摂りいれながら、好きなものを食べる。

 

そして、適度にカラダを動かす。

 

この繰り返しです。

 

PS

6月から「砧町自治会の大広間・鎌田区民集会所2階」が使用許可の予定です。

 

実質、2~3ヶ月カラダを動かしていません。
再開後、無理をするとケガする可能性もあります。

 

 

逸る・焦ると言う氣持ちは、頑張り過ぎるものです。
頑張るのではなく、楽しむ氣持ちで臨んで頂くことです。

 

 

私も15年、教室を主宰してきて初めての体験です。
これから先、また世の中を停滞させることが起きるでしょう。

 

 

溜め込む・貯め込む性質は詰まりが生じます。
カラダ・お金・感情も使わないと循環しません。

 

 

今も昔も変わらないことがあります。

 

 

まず、入れるには出すことからです。
入れてから出すことは減ることになります。
出してから入れることは増やすことになります。

 

与えると与えられる。

 

投げたものは返ってくる。

 

宇宙の法則です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください