身体と精神は年々良くなる

今回は冒頭に私のことを話します。

3歳の盲腸炎の手術から始まった病弱人生でした。

・幼少期、全乳歯が虫歯、中耳炎、蓄膿症、ものもらい、、、

・成長期、腸閉塞、アトピー、副鼻腔炎、扁桃腺膿炎、、、

・更年期、急性骨髄性白血病、老眼、ぎっくり腰、、、

 

ざっくりですが、今まで罹った症状です。今は年々体調と体質が良くなっています。
歳を重ねているのに逆行しています(^^♪

 

 

特別なことはしていません。マナストレッチと16時間朝食断食の習慣化だけです。
眼科・皮膚科にも行きます。砂糖・お菓子・甘いスイーツも食べます(^^)/
いい意味で適当です。

 

 

更年期からが肉体・精神の分岐点です。骨格的な異常は男性・女性で違います。
主に女性は首、男性は腰に詰まりが表れます。

 

首は思考・胸は感情・腰は願望です。

 

女性は女性性から解放されて未来像を描き始めます。
好奇心旺盛になり行動的になります。
満たされない場合は食欲・物欲に走ります。

 

 

男性は男性性が満たされない場合、名声欲が強く表れます。
更年期以降の男性が切れるのも承認欲求と言って良いでしょう。
どちらも性欲からの脱却反応です。

 

 

女性の場合は90%以上が肩こりです。ほぼ自覚症状がありません。
首が胴体にくいこんで感覚が鈍くなっているだけです。
因(元)は首にある甲状腺に関係があります。

 

 

甲状腺は女性ホルモンと関係しています。
首が詰まると甲状腺が圧迫されます。
子宮・卵巣への血流が悪くなっていきます。

 

 

さらにポッコリお腹によって腸が圧迫されて下半身が冷えていきます。
免疫力の低下が始まります。

 

 

子宮筋腫などの婦人科疾患は首とお腹の詰まりによる生殖器の冷えです。
女性はお腹が詰まると首が詰まります。人によって症状が違います。

 

例えば、

泌尿器が冷えていると耳鳴り・めまい、

循環器の流れが悪いと肩が上がらない、頭痛

消化器が荒れていると酷い肩こり・ひざ痛

肝臓が疲弊していると股関節痛

 

このように内臓の筋肉反射が表れます。

 

 

無理したり、自分に合わないことをやるなど、目先の欲求ばかり追いかけると老いが早まります。
ベストを目指さない、ベターを目指せばいいのです。

 

 

更年期から必要のないことは「止める・やらない・断る」という
自分の意思決定を大切にしましょう。程よく力が抜けた状態こそベターなのです。

 

 

人は何かに縋りたいんです。助けてもらいたい・振り向いてもらいたい、、、
みんな持っている「思考と感情」です。

 

 

この想いが強いと他に責任があると思い込みます。
逆に何でも自分で抱え込むと自暴自棄になります。
人は一人では生きていけない。どんな状況でも人の世話になっています。

 

私自身、戒めの意味で心掛けていることは「謙虚さ・人の悪口は言わない・感謝」です。

 

 

最近つくづく気づくことがあります。「運動だけ・食事法だけ・思考だけ」
このように単体だけでは人は成長しないと確信しました。
トータルのバランスが大切です。

 

 

16年マナストレッチを続けています。
一つの動きが数珠つなぎのように繋がってきました。

 

①手のグーパーで頭の中を整理、スワイショウで不要な思考を排泄

②「上下・左右・前後・捩じる・揺らし」で肉体の歪みを改善

③足指のグーチョキパーで負の感情を排泄

④骨盤矯正で身体と精神の土台を整える。

 

このように動きと精神の関係が明確に言語化できてきました。

 

 

冒頭で言いましたが、私は年々体質が向上しています。
しかし、完璧ではありません。皮膚の乾燥・目のかゆみ・尿切れが悪い
このような症状が表れます。子供の頃の体質が残っています。

 

 

正しいトレーニングを積んで食べない時間を設けることで、
若い記憶の体質から改善されていくことを確信しました。
年齢は単なる数字です。生き方そのものが本当の年齢です。

 

PS.

教室の生徒さんから嬉しい報告が続々とありました。

・ほぼ杖が要らなくなった。20年ぶりにヒールが履けた。

・コレステロール値・中性脂肪が正常になった。

・率先して歩けるようになった。

・驚くほどの大量排便があった。

・体調が良い、元氣になった。

 

また、このようなご意見を頂きました。

 

北区在住 60代 女性 現在月1回整体に通われています。

 

7年前まで教室に通っていました。
マナストレッチを止めても5年間は身体の状態が良かったです。

 

ここ2年の間、身体の不調が表れてヨガ・ピラティス・整体を体験しました。
私自身には効果がなかったです。

 

マナストレッチは流れるように動いていきます。
自分ができる範囲で動けるのが良いと思います。と言われていました。

 

ビジネスの世界では知識があれば有用なことが多いです。
身体の世界では知識だけでは通用せず、身体で「体得した知恵」が尊重されます。

 

身体の世界はいつでも「知行合一」なのです。

 

私が主宰する教室の生徒さんが続々と身体が良くなっていくのは、
「顕在意識」から「潜在意識」で身体が動いているからです。

 

いつの時代も頭で考えることは常識が邪魔します。
身体で感じることが本能(治癒)を引き寄せるのです。

 

テレビ・インターネットばかり見ている時間は思考停止しています。
無意識に頭の中は情報だらけになります。
週1回程度は無の時間を過ごしましょう。

 

認知症の予防は静寂な時間を過ごすことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください