2週間で不眠症を改善!薬を一切使わない妻の体験記

私の妻は40代から寝つきが悪くなりました。
夜中に何度も目が覚めるようになり、
朝まで眠れない日々が続きました。

 

 

家族がスヤスヤと寝ていると、
余計に焦りが出て寝ようとしますが眠れない。

 

 

こんな状態が嫌だったので、
医師に相談して軽めの睡眠薬を処方してもらいました。

 

 

普段、薬を飲まない妻は睡眠薬の効き目が抜群でした。
すぐに眠りにつくことが出来ました。

 

薬の服用はカラダに悪いと思いながらも止めることが出来ませんでした。
ときには半錠に量を減らしていました。

 

今は薬を全く服用せず熟睡できています。
それは私の実母の容態を見てからです。

 

 

私の実母は70歳を過ぎてから、徐々には足腰が不自由になりました。
膝が痛くて杖なしでは歩けない状態になりました。

何度も転倒して3度も背骨を圧迫骨折しています。
認知症に近い状態にもなりました。

 

お医者さんから他の薬を処方されていました。
7種類くらい服用してたと思います。

 

 

75歳で介護ベットで寝たきり生活になりました。
動いてもいないのに一日3食食べて、薬も欠かさず服用していました。

そんな矢先、トイレでひきつけを起こして倒れました。
自宅には誰もいません。トイレのドアに挟まったまま倒れていました。

 

 

電話しても誰も出ないのを不審と思い、
弟が家に帰ったら倒れていたのを発見して病院に行きました。
3日間入院しました。

 

 

退院後、食欲もなく薬も飲むのを止めていました。
そうすると頭がハッキリしたのか認知症が良くなったのです。

 

 

年齢的な物忘れはありますが見事な回復ぶりでした。
体重も5kg痩せました。

 

 

そんな実母の様子を聞いていたので、
薬と食べ過ぎの怖さを妻は知ったのです。
薬は止めようと決断したのです。

 

 

それでも眠れない怖さがあります。

 

なぜ、眠れないのか原因を明確にすることが先決です。

 

 

殆どの人は眠れなくなったプロセスを振り返ってないのです。
不眠と言う結果だけを重視するから改善しないのです。

 

 

不眠になるには不眠にる理由があります。
不眠になるべくしてなったのです。

 

 

安易にクスリに頼るまえに過去の自分を振り返ることです。
それは不眠症と言う症状を抱えたカラダに問題があります。

 

ここまで当たり前のことしか言ってません。

 

眠りにつくとは脳やカラダが疲れて眠氣を誘いますが、
深部体温が一度下がって眠りにつきます。

 

 

なぜ、妻が眠れなくなったか?
原因は大きく分けて3つです。

 

①骨盤の開閉力が乏しくなった。(カラダが硬くなった)

閉経前後の女性は骨盤の開閉幅が徐々に狭まっていきます。
この影響でカラダが変化します。

 

 

骨盤の開閉は筋肉の収縮・拡張によって起きます。
これらは自律神経の命令によって行われます。

 

 

筋肉が緩む、縮むと言う幅が広いほど熟睡できます。

 

 

妻は体重を支える筋肉が硬直していたのです。
自律神経の命令が出ても筋肉が緩まない、縮まないので
深部体温が一度下がることがスムーズ行かないのです。

 

 

要するに筋肉が硬直している状態です。

 

往々にして40代からの女性は
足脚が冷えて右股関節が外側に捻じれています。
ぽっこりお腹になっていきます。

 

 

一般的に更年期以降、骨盤の開閉幅は狭くなりますが、
カラダの使い方次第では無駄のない動きで快適に過ごせます。

 

 

但し、カラダの使い方で決まります。
具体的にはトレーニング方法によって変わります。

 

 

私たちは運動と言ったら、走る、歩く、筋トレと結びつけます。

 

 

筋肉は大きく分けて2つあります。
動かす筋肉と支える筋肉です。
後者の支える筋肉が衰えるから、カラダは歪んでいくのです。

 

 

この支える筋肉の伸び縮みの幅を広げることが不眠症を改善する方法です。

 

 

熱源の約40%は筋肉が生成します。
高体温だから就寝時に深部体温が一度下がるのです。

 

これも体重を支える筋肉が緩んだからです。
不眠症を含めてカラダを治癒するのは緩む力です。
要するに体重を支える筋肉が緩む・縮み幅を広げることです。

 

 

このことを妻には何度も説明しました。
カラダを鍛えることが不眠症は改善しない、
カラダに弾力をつけることが不眠症を改善する。

 

 

自らカラダを緩ませる力を宿すことが必要です。

 

 

まず、妻にはスワイショウを実践してもらいました。
スワイショウは中国語で手をぶらぶらすると言う意味です。
気功では動く瞑想と言われています。

 

私たちは緊張すると脳に血液や体内水分が滞っていきます。
スワイショウを続けていくと、
無意識に手だけを動かしていきます。

 

 

下半身に老廃水分を運び、上半身をリラックスしていきます

 

 

最初は5~10分、最終的には約20分実践してもらいました。
眠りを誘うホルモンはメラトニンで材料はセラトニンです。

 

習慣的な正しいトレーニングを行うことで分泌されます。
妻はスワイショウを実践したことで肩がポカポカ温まり、
グッスリ眠れたことを体験しました。

 

 

しかし、毎日続けることは難しいです。

 

 

そこで私はスワイショウを数分行うだけで、
効果が出るカラダを動かした方を指導しました。

それが骨盤に弾力をつける動体トレーニングです。
女性の骨盤は左右に動きます。

 

 

閉経を迎えるために、
左右の開き幅の必要性が最小限で良くなるのです。

 

 

骨盤の開閉力は排泄力とリンクします。
不眠症は体内の老廃物が残存しているために起こります。

 

 

筋肉内に乳酸が溜まっている状態です。
運動後に心地よい怠さが出るのは乳酸が血液に流れるからです。

 

 

一般のトレーニングはある一定の部位を鍛える動きが多く、
老廃物が残存することも多いです。

仮に老廃物を根こそぎ排泄するにはアスリート並みの運動量が必要です。

 

 

眠るためのカラダつくりとは、
カラダ全体を支える筋肉を動かしてあげることです。そ

 

れが骨盤に弾力をつける「左右・上下・前後・捩じる・揺らす」動きです。
これだけで良いのです。激しい運動は一切必要ありません。

 

 

要するにカラダを動かして、
体内に溜まった老廃物を排泄できれば不眠症は改善できます。

 

➁満腹睡眠

睡眠にもエネルギーが必要です。
不眠症は何らのエネルギーが未消化となり、
残存物が体内にある状態です。

 

 

その代表的なものが食べ物の未消化物です。

血管にはコレステロール、肝臓には酸化物、腎臓には古いタンパク質、
腸には腐敗物、筋肉には乳酸など、未消化物を処理しようとカラダが働くと眠れなくなります。

 

 

大便はおよそ24時間かけて製造されます。
20歳くらいまでは代謝力があるので食べても太りません。

 

 

40代以降は代謝力が落ちるので未消化物が残存するようになります。
不眠症を含めて腰痛も火照りも消化不良・排泄不良から起きます。

 

 

 

私たちは食べたら食べたくなる遺伝子が備わっています。
空腹に耐える遺伝子も備わっていますが、
満腹に耐える遺伝子は備わっていません。

 

 

だから病氣が絶えないのです。

 

 

毎日、食事を満腹まで食べていると、
消化エネルギーを消耗するので睡眠エネルギーが枯渇していきます。

満腹睡眠が最も不眠症になる原因と言っても良いでしょう。
妻はそんなに食べていないと言います。
確かに一回の食事量はそれほど多くありません。ここに落とし穴があります。

 

 

妻は一日3食です。朝はパン、昼食はごはん、夕食はおかずメイン、
時折、間食をしています。

 

 

女性の骨盤を硬くさせる三大食べ物があります。
白いご飯、白いパン、甘いスイーツです。
妻は毎日欠かさず食べていました。

 

 

好きなものを止める必要はありません。

 

 

食事は量と回数です。朝食を水分と生の果物だけにしてもらいました。
朝は排泄と回収の酵素が働く時間帯です。
この時間帯に火を通した固形物を食べると消化エネルギーを消費します。

 

 

その影響でくたびれた胃腸は昼食・夕食の老廃物を体内に残存させていきます。

 

 

夜食を食べて朝起きると、カラダが怠い経験はありませんか?
寝ている間に消化エネルギーを使った疲労です。

 

 

一日3食を習慣化していると、
消化不良・排泄不良の残存物が蓄積していきます。
その量が排泄されない限り不眠症は改善しません。

 

 

妻は16時間朝食断食の習慣化にしてから不眠症は改善しました。
空腹睡眠こそ最大の睡眠薬です。

 

私たちのカラダには成長ホルモン、
副腎皮質ホルモンなどカラダを正常に保つ物質が分泌されます。
天然の薬が体内にあります。

 

 

しかし。満腹になると天然の薬の分泌量が半減します。

 

年齢を重ねていくと治りが遅いのは、
治すエネルギーより消化・吸収エネルギーを大量に消耗させているからです。

 

 

自然界の動物に病氣や肉離れはありません。
もちろん不眠症もありません。

それは生のものしか食べないこと、
満腹まで食べないからです。本能で知っています。

 

 

妻には消化エネルギーを1/3にする食事法を実践してもらいました。
一日3食と一日2食を比較すると吸収力・排泄力が3倍になることが可能です。

 

 

それには睡眠時間を含めて、
夕食後から昼食まで空腹時間を設けることで
吸収・同化・回収・排泄にエネルギーを特化させる食事法です。

 

 

日中は好きなものを食べれると言う利点があります。
私はかれこれ14年、朝食断食を習慣にしています。

 

マナストレッチ教室の生徒さんも実践しています。
一生太らない食べ方です。
ある医学実験では断食中に免疫力が上がることが結果として出ています。

 

 

 

何度も言いますが、
自然界の動物は敵に襲われてケガしたときは、
飲まず食わず、じっと動かず安静にしています。

 

 

 

これが一番の治療法だと本能で知っています。

 

 

私たちに、これを100%当てはめるのは難しい時代です。
それはストレス社会だからです。
薬を上手に利用して不眠症を改善していけば良いのです。

 

 

妻は16時間朝食断食の習慣化して、
2週間くらいで薬を使わずに眠れるようになりました。

 

③精神状態が不眠にさせる

寝れない焦りが出ると、脳が疲弊して糖分を消耗のでお腹が空きます。
焦りやイライラは循環器に負担を掛けますが、交感神経が高ぶっていきます。

カラダは左側が硬直していきます。睡眠薬を服用すると肝臓は解毒処理がフル回転します。
一時的にカラダの右側が緩みます。
左側が硬直していることで思うように右側が緩みません。

 

 

何とか緩ませようと右股関節が捻じれていきます。
肝臓は怒りに疲弊する臓器です。
自分に対するイライラが肝臓を疲弊させて夜眠れなくなっていきます。

性格の発信源は内臓です。

 

 

怒りの発信源元は肝臓、イライラは心臓、クヨクヨは消化器、悲しみは肺、恐れは腎臓です。


肝臓は右側、心臓は左側、消化器・肺・腎臓は左右、
これらの負のエネルギーは筋肉を硬直させて背骨がファイル化されます。

このファイル化された情報を脳で統合されます。
これが今まで作られてきた性格です。

 

 

つまり、性格は傾向に過ぎないのです。
固定化されたものでないので性格は変えることが出来ます。

薬を常用すると飲まないと、
不安になることが脳で記憶されます。
薬の依存性が高くなるのは脳に直接働きかけるからです。

 

 

脳は三層構造です。一番上が知性脳(大脳新皮質)、
次が感情脳(大脳辺縁系)、一番奥が爬虫類脳(脳幹)です。

 

薬を常飲すると知性脳に記憶されて、
安心感は感情脳に記憶されていきます。

この2つの脳の影響を受けて、
脳幹が抑え込まれている状態が薬の依存性です。

 

 

本来の自分を薬の影響で抑えつけられている状態です。

頭では薬は良くないと思っていても止められないのはカラダが反応しているからです。
もっと詳しく言うと内臓が求めているからです。そのことが背骨を経由して脳で統合されています。

 

 

脳は脳をコントロールすることは出来ません。
心も心をコントロールすることは出来ません。

でも大丈夫です。

カラダから脳や心をコントロールすることは可能です。

 

 

このことを踏まえて、妻にはマナストレッチ・16時間朝食断食を続けてもらいました。
心が穏やかになるにはカラダの歪みを改善すること、
内臓を浄化すること、この2点に尽きます。

 

 

心はカラダ、カラダは心です。
精神を強くするにもカラダを強くすることです。

 

それには比較や競争心理が働く鍛える方ではなく、
行住坐臥が華麗に振る舞えるカラダつきにすることです。

人生は競い合うことではありません。

 

 

 

自分がどうしたいのか!何を生きがいにするか!で決まります。

 

 

妻には不眠症を改善した先の目標を立ててもらいました。
たったこれだけでも不眠症は改善します。

 

 

まとめです。

 

 

妻は薬を一切使わず不眠症を改善した方法です。

 

①マナストレッチの習慣化(骨盤の歪みを改善)

 

➁16時間朝食断食の習慣化

 

③比較・上下関係の意識を捨てる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください