米岡 勝久

経歴

■5万人以上の施術体験

■15年以上、マナストレッチ教室を主宰

■厚生労働大臣認可(医政第742号)全国整体療法協同組合認定整体師

■大阪・愛知県・群馬県・広島県・長崎県など全国セミナー開催

■急性骨髄性白血病など15種類の症状を克服

家族構成

妻 娘

趣味

・お酒を飲むこと。(主に家飲み・たまに近所の居酒屋で飲む)

・海が好きなのでキャンプや海水浴や釣りに行く。

・矢沢永吉さんの大ファンです。

・山登り(たまに行く程度)

病歴

私は幼少の頃から病弱でした。今までに罹った症状です。

 

盲腸炎・中耳炎・蓄膿症・ものもらい・結膜炎・近視・骨折・水虫・冷え性・腰痛・扁桃腺膿炎・腸閉塞・肥満・便秘症・アトピー性皮膚炎・急性骨髄性白血病

 

3歳で盲腸炎の手術を受けてから、カラダの不調との付き合いが始まりました。子供の頃は耳ダレ、中耳炎、虫歯、蓄膿症、ものもらいに時折、罹り、耳鼻咽喉科・歯医者・眼科・内科通いの日々を過ごしました。

 

全ての乳歯が虫歯だったことや中耳炎の時、耳介に注射を打たれて大泣きしたことを覚えています。3~4歳の頃だったと思います。やかんのお湯をひっくり返して膝に大やけどを負いました。近所中に響き渡る鳴き声で大騒ぎになりました。近所のお医者さんに駆け込んだことも覚えています。

 

小学校の時から落ち着きがなかったです。通信簿に情緒不安定と書かれていました。友達は少なかったです。だけど目立ちたがり屋でした。過保護に育ちました。甘えん坊で親への依存心が冷え性・アレルギー疾患を引き寄せたのです。(後で分かった事です)

 

18歳で社会に出てからです。大病を患うようになりました。

 

 

19歳で腸閉塞に罹りました。約一ケ月の入院でゲッソリ痩せ細りました。その後です。4年間くらいは腸閉塞が再発しました。3回入院をしました。お医者さんからは原因不明と言われていました。

 

 

同時にアトピー性皮膚炎、副鼻腔炎も併発するようになりました。20代から疲れやすい体質でした。アトピーでしたが皮膚科には一切行きませんでした。鼻腔にうずく痛みがあったので時々耳鼻咽喉科に通っていました。

 

30代から太り始めてました。最高体重が80㎏までになりました。アトピー性皮膚炎も酷くなりました。首と肩の皮膚が爛れていました。扁桃腺が腫れるようになりました。、鼻咽喉科に通っていました。一向に回復しないので大きい病院でも診てもらいました。

 

 

疲れが溜まったいるのでしょう!と言われ、特に処置なしでした。その後、腫れが酷くなりました。近所の耳鼻咽喉科では無理と言われました。紹介状を書いてもらい大きい病院に扁桃腺膿炎で入院しました。

 

一生カラダのことで振り回されるのか?イライラしました。40代になって最大の試練が訪れました。

2012年3月22日 急性骨髄性白血病と診断されて即入院。

 

血液内に47%のガン細胞に侵食されていました。このまま放置すると3週間持たない命でした。一週間後に命を救うための抗がん剤治療を開始。髪の毛が3日で全て抜けました。倦怠感、嘔吐、高熱、発疹 想像を絶する副作用でした。

 

50㎝先に置いてある携帯電話が取れないほど体力・気力が奪われていました。ショックで涙が止まりませんでした。

 

入院してから3週間後に骨髄検査の結果で陽性反応。骨髄移植の治療を打診される。入退院の繰り返し、完治は難しい、5年生存率20%以下、一年も持たない命かもしれないと宣告される。

 

私は他の白血病患者さんより格段に元気だったです。主治医に他の治療法を懇願しました。その意見が功を奏したのか、翌日、抗がん剤治療に方針が変わりました。計5回の抗がん剤大量投与治療を経て同年10月19日に退院。

 

奇跡の復活を遂げて現在に至る。

 

回復歴

30代半ばに整体師となりました。自立の精神が芽生える。その時に矢上先生の自力整体との出会いがありました。

 

自力整体・朝食断食の実践を習慣化しました。すぐに便秘が改善。2ヶ月で体重80㎏が65㎏までになる。アトピーもほぼ改善、扁桃腺の腫れや鼻炎、花粉症も完全に改善。

 

自力整体の指導者になる。

 

整骨院・整体院・マッサージ店を転々としながら勤務ました。同時に自力整体教室を主宰。5年間休みなく活動する。

 

そのストレスから暴飲暴食を繰り返す日々が続く。
(無意識にサラリーマン精神が抜けてなかったのです。)

 

3合のかつ丼を毎日、2日に一升を飲み干すペースでした。
(心の中ではいつか大病になる予感はありました)

 

予感は的中。

 

見事に急性骨髄性白血病に罹る。入院中も群を抜いて元氣でした。一回目の抗がん剤治療で一時、体重が60㎏を切りました。

 

しかし、2回目の抗がん剤治療から63㎏に戻ってから、65㎏を維持したまま退院しました。驚異的な回復力の要因はカラダを支える筋肉だったのです。抗重力筋に弾力があったから命が救われたのです。

 

自力整体と朝食断食のお蔭です。

 

それと目に見えない力がカラダに宿っていたのです。家族の支え、応援して頂いているお客さんやり残している事への執念。

 

退院後、予防医学と真剣に向き合う。

 

休む暇もなく、すぐにマナストレッチ教室を開催。最初の教室ではカラダがフラフラでした。極度の冷え性、アトピーも悪化、左背部のしびれ、右股関節の可動域の制限など、、、

 

7ヶ月の入院寝たきり生活の後遺症です。

 

今までと同じ事では体質改善出来ないと悟り、カラダの動きを研究する。

 

わずか、一年で長年苦しでいたアトピーが完全消滅、自力整体では改善出来なかった左背部のしびれ、極度の冷え性、右股関節の制限が完全に回復する。

 

マナストレッチの進化と共に再現性あるメソッドを確立する。

 

現在はマナストレッチ教室の増設、セミナー、整体の施術、断食合宿、セミナー開催など精力的に活動。

 

人生で最高に元氣な日々を送っています。

 

私からのメッセージ

私は今まで15種類以上の症状を克服してきました。

 

何も特別なことを行ったわけではありません。マナストレッチと16時間朝食断食の習慣化が改善へと導いたと自負しています。

 

私が確信した事はどんな症状も自発的に行動を起すことです。継続していくことで良い結果が自分に返ってくることを悟りました。悟りとは実体験から得るものです。

 

父親の死によって母親が負債を背負い自己破産して家族が路頭に迷う事もありました。

 

私自身も儲かる話に乗って数々と数百万円騙されきました。

 

お金・カラダ・人間関係のトラブルを、何とか切り抜けてきました。

 

本当に紙一重で頑張ってきました。

 

そして、何もないことの幸せを得る事も出来ました。

 

どんな事があっても見捨てず、支えてくれる家族、応援してくれるお客さん。

 

本当に心から感謝しています。

 

だから、前に進める事も確信しました。人がいるからマナストレッチ教室を続けられるのです。必要としてくれるから整体の施術が出来るのです。好きなことをして人生を送っています。こんな幸せな事はありません。

 

これからの人生は恩返しです。幸せになる権利は誰にでもあります。

 

今度はあなたの順番です。