目に見えない力が働くものとは?

コロナウイルス感染拡大で先が見えない状況です。
全国に緊急事態宣言が発令されました。

 

 

色んな情報に身心が疲弊していませんか?

 

 

ピンチはチャンスと言います。
ピンチの大きさと、同じ大きさのチャンスが隠れています。

 

 

ピンチは運氣を上げる一大チャンスなのです。

 

 

実は「カラダ・経済・人間関係」も原理原則は同じです。

 

 

そして、チャンスをものにする人・チャンスと気付かない人。
大きく2つに分かれてしまいます。

 

 

その分岐点が「穢れ・汚れ」なのです。

 

 

人が多く集まる場所・ビジネスが上手くいくところは、
目に見えない力が働いていることを、ご存知でしょうか?

 

 

カラダ・経済・人間関係の「整理整頓・掃除」を行っていれば、
問題解決は解決しやすくなるのです。

 

 

今、コロナウイルスで3密を徹底しています。

 

 

外側のクリーニングも大切ですが、内なるクリーニングをきっちりしていれば、
万が一のことが起きても、リスクを最小限に抑えることは可能です。

 

 

今すぐできる運氣のベクトルを上げる方法が「掃除」なのです。

 

 

「整理整頓・掃除」は、頭の中の「整理整頓・掃除」です。

 

 

カラダには「思考・感情・行動」を伴う、頭・心・カラダのセンターがあります。

 

 

「上丹田・中丹田・下丹田」です。
場所は「眉間・みぞおち・おへそ3寸下」です。

 

 

日頃から「整理整頓・掃除」を心掛けていると、
頭・心・カラダがクリーニングされていきます。

 

 

3つのセンターの働きが良好になるのです。

 

 

この世の中は目に見えない力が75%、
目に見えるものが25%働いていると言われています。

 

 

世界の医学でも、目に見えない「氣・プラーナ」などの伝統医学が75%、
私たちがお世話になっている「西洋医学」はたった25%です。

 

 

私たちは目に見えないものに色をつけて見ます。
自分と言うフィルターを通して見たり、常識で見たり、、、、

 

 

これは間違った認識ではありません。

 

 

カラダから穢れを払い、身の回りの汚れを掃除することで、
本質の自分が見えてきます。

 

 

自分には何が必要なのか?明確になるのです。

 

 

普段から居場所のお掃除を心掛けることです。

 

 

『玄関・居間・浴室・トイレ・寝室』などを整理整頓していく事で
「思考・感情・行動」も整理整頓されていきます。

 

 

ちなみに部屋の四隅には、邪氣や負のエネルギーが溜まります。

 

 

知っていますか?

 

 

電車や待合室の椅子は、端より真ん中が安全なのです。

 

 

昔から邪氣を祓うために柏手を打つことで、その高いエネルギーが、
バイブレーションとなり場所を清めるのです。

 

 

神社・仏閣でも手をパンパンと叩きますよね!

 

 

一通り、一日の仕事を終えたら半身浴です。
川や滝でカラダを洗い流すことを「禊」と言います。

 

 

すべてを洗い流しリセットします。
この時季は、熱のお風呂と言われる、
天然塩を一掴み入れる入浴がおススメです!(^^)!

 

皆さん、オンライン教室でマナストレッチを実践していますか?

 

 

自宅と教室でのレッスンは全く違う感覚だと思います。

 

 

今、私は上腕骨外側上踝炎になっています。
テニス肘です。左ひじの腱を痛めたんです。

 

 

私は人前だとテンションが上がります。
必要以上に捩じり過ぎたのです。なるべくしてなったのです。

 

 

左ひじは心臓を経由して大脳に繋がっています。
カラダの左側は男性性・交感神経に支配されています。

 

 

せっかちで結果を急ぐあまり、左側の筋肉が硬直しました。
早食い・ドカ食い癖は胃腸が荒れて、内臓が垂れ下がっていきます。
食べ方もカラダの左側の筋肉を硬直させます。

 

 

カラダの左側はカラダを動かす時に軸になります。
元々、縮みやすく硬くなる特徴があります。

 

 

私は4~5年前から、男性の更年期症状が出始めました。

 

白髪・腰痛・老眼・食事の量が減る・・・

 

 

更年期は「手足・頭・首」の血流が悪くなります。

 

 

これは骨盤の開閉力が乏しくなるからです。
自律神経の伝達が不安定になります。

 

 

腰と首の筋肉が衰えて、真っ直ぐになっていきます。
衝撃が腰や首にダイレクトに伝わるのです。

 

筋肉が緊張して痛みが出てきます。

 

 

腰と首が真っ直ぐになると肋骨が下がります。
骨盤との距離が縮まるので、ポッコリお腹にもなります。

 

 

先生はマナストレッチをしているのに痛みが出るのですか?

 

 

皆さん、このように思われたのではないでしょか!

 

 

私はここ5~6年、すこぶる体調は良好です。
宣伝になりますが、マナストレッチの進化だと自負しています。

 

 

カラダは過去の積み重ねが歪みになります。
一つの歪みが改善されると、次の歪みに痛みが発生します。

 

 

私は小さい頃、左足首を捻挫しました。
松葉づえを使うほどでした。
完治しないまま放置したことが影響しています。

 

 

13年前、左肋軟骨を2本骨折したとき、左ひじを強打しています。
12年前、左ひざを骨折したとき、左ひじを強打しています。
全て左側です。これは支えている側でかばう防衛反応です。

 

 

今、テニス肘になり、筋肉が緩んでいく過程です。
元の状態に戻すトレーニングが必要です。

テニス肘が発症して約10日が経過しています。
ほぼ痛みがない状態まで回復しています。

 

 

具体的には、「長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋」は手首を伸ばす筋肉です。
総指伸筋は指を伸ばす筋肉です。これらの腱が硬くなったのです。

 

 

毎回、手首のレッスンを実践しています。
最近、指を動かすレッスンを始めましたが、
少なかったように思えます。

 

 

これでも痛みが引かない場合、内臓と精神の疲弊が原因です。

 

 

皆さんが万が一、肘に痛みがある場合は、
手首のストレッチ・手のグーパー・腕の捩じりです。

 

最初は物凄く痛いです。痛みはあるものの握力が増してきます。
痛みが消えるまで毎日ストレッチしましょう。

 

 

再発しないようになります。

 

 

まとめです。

 

 

男女共に更年期前後はカラダの可動範囲が狭まります。
腰椎は動きのコントロールセンターです。

 

 

腰椎1番は上下・2番は左右・3番は捩じり・4番は開閉・5番は前後運動です。

 

 

一見、可動範囲が狭まることはイメージが悪いですが、
実は程よく力が抜けて、無駄な動きが減っていくのです。

 

 

自分らしさを醸し出せるのも更年期以降なのです。

 

 

これには条件があります。

 

 

正しい動体トレーニングを積んでいくことです。
何もしなければ、老人体型になっていきます。

 

 

老人体型 = 疲労体型です。

 

 

動体トレーニングしても痛みが出る場合、
消化不良と排泄不良が原因です。

 

可能なら16時間朝食断食の習慣化です。

 

冒頭でも言いました。「整理整頓・掃除」の心掛けです。

 

 

そわかの法則は精神までに影響を与えます。

 

 

そわかとは「そうじ・わらう・感謝」の頭文字です。
実はモチベーションを向上させる方法なのです。

 

 

まだまだ、緊急事態宣言が延長されるような風潮です。
日本は世界に比べて、死者数が少ないのが唯一の救いです。

 

 

こんな時だからこそ、地道なことの見直しです。

 

 

自分なりにカラダを動かして、空腹時間、整理整頓・掃除、
半身浴、早寝早起きの繰り返しです。

 

PS

19日(日)に川崎市まで出張整体に行ってきました。
多摩川沿いを車で通りましたが、物凄い人数でした。

 

 

自粛どころか混雑していました”(-“”-)”

人を変えることは出来ないけど、
私たち一人ひとりの協力が輪を広げます。

 

 

みんな苦しいんです。

 

 

本当の苦しみを経験すると、本当の感謝が訪れます。

 

 

一年も命がない・明日食べるお金がない・人間不信・・・

 

 

一見、辛く重たいことだけど、真逆の心理を持ち合わせていると、
最悪な事態も意外と大丈夫なことが多いです。

 

 

12日の多摩川の賑わいを見て平和ボケしているなと、
つくづく感じました。

 

 

本当は危機感を抱いているほうが平和です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください