体力を温存する方法

本日は冬至です。一陽来復、太陽の誕生日です。
陰極まり陽が立ち上がる日です。

 

 

冬至の前後2週間は最も骨盤が引き締まります。
身体を動かすのに最適な時季です。

 

 

身体は放熱を防ぐため手首・足首が縮みます。
骨盤も硬くなるので冷えが体内に残存します。

 

 

骨盤が「引き締まる」とは「緩めること」が表裏一体です。
緩める力が身体を治癒します。
締める力で老廃水分や病原体を排泄します。

 

 

身体の浄化の75%は排便です。
食べないと排便量と回数が増えます。
食べると排便量と回数が減ります。

 

 

身体が病氣になっていく背景には「酵素の消耗」と「血液の汚れ」があります。
その最たる原因が「食べ過ぎ」と「冷え」です。

 

 

人体の最大の免疫器官は腸です。造血器官でもあります。
食べ過ぎと冷えは腸に大打撃を与えます。

 

 

人間が病気になると食べなくなるのは自然はことです。
酵素の消耗を温存して血液を浄化させているのです。

 

 

食べると体力が消耗します。食べないと体力を温存します。
16時間朝食断食法は、この原理を活用した浄化法です。

 

 

現代医学は病気や体力が低下した人に、高栄養を補給する「栄養療法」を勧めますが、
断食療法は栄養摂取を抑えることで「代謝」を促進する代替療法と言えます。

 

 

原因不明の痛みは殆どが内臓疲労によるものです。
酵素の消耗は老いを加速させます。

 

 

ブッタ・親鸞・空海などの偉人たちは断食を実践しています。
郷ひろみさんや京本政樹さんは㏠1食です。
私たちには真似できませんが、近い食べ方があります。

 

 

それが分食です。

 

 

朝食は水分のみ、生の果物・野菜はOKです。

 

昼食は炭水化物中心

 

夕食はおかずのみです。

 

酵素の消耗を温存して胃の負担を軽くなります。
身体の怠さは消えていきます。
しかし、食養生を止めると元に戻っていきます。

 

 

身体を動かして筋肉をクリーニングすることです。
根本からの体質改善には3つのクリーニングです。

 

一つ、16時間朝食断食で内臓のクリーニング

二つ、マナストレッチで筋肉のクリーニング

三つ、許し手放すことで精神のクリーニング

 

完璧を求めず、気付いて正せることから正します。

 

一見ワンパターンに思える健康法です。
私は身体・心・食も動かすものだと認識しています。
動きとは変化であり進化です。

 

 

いつの時代も目に見えないものが形として表れます。

 

 

「言い続けること」が「やり続けること」になり、具現化していきます。
身体も同じ事が言えます。言葉が血液に溶け込み肉体化していきます。

 

 

長生きすることが目的ではありません。
後ろ指をさされず胸を張って堂々と生きることです。

 

 

私のような個人事業主も会社員も公務員も同じです。
仕事でも仕事以外でもピカッと光れるものがあるかです。

 

 

一時期、自分探しが流行りました。
マナストレッチ教室に体験が目的で参加される方がいます。
次にまた新しいものを探します。永遠自分探しをします。

 

 

ちょっと厳しいですが自分探しとは依存探しです。
他物に依存している限り自分に合うものは見つかりません。

 

 

自分に合うものを見つける方法は簡単です。
先に自分でやると決断していることです。

 

 

本気になった人から成功ていくと言われています。

 

 

痩せたいな・お金もちになりたいな、語尾が「な」で終わるのは観念型です。
痩せる・お金持ちになる、語尾が「る」で終わるのは決断型です。

 

 

言い切「る」ことで行動が真剣になっていきます。
小さい成功の積み重ねが夢を実現していきます。
100%夢を実現できなくても確実に夢が近づく立ち位置にいきます。

 

PS

一年を通して全国の神社・仏閣では6月30日、12月31日に『一切成就の祓い』を唱えます。

 

『一切成就の祓い』

極めて汚も 滞無れば 穢とはあらじ 内外の玉垣 清淨と申す
(きわめてきたなきも たまりなければ きたなきとはあらじ うちとのたまがき きよくきよしともうす)

 

 

どのような汚れであっても、つまり、どんな悪事を働いても、
どんな失敗をしても、どんなに悲しいことがあっても、
それを滞らせないで祓い清めていれば「穢れ」にはならない。

だから、自分は身も心も清浄です、というのがこの祓詞(はらえことば)の意味です。

 

たまには大晦日に唱えてみては如何でしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください